SkyJourney スカイジャーニー仙台・宮城 2016年10月1日(土)~12月31日(土)

仙台藩の文化を中心に、悠久の歴史と風土が広がる地へ「歴史で行こう!」

宮城県には、時代の息吹を感じる建物がいっぱい。
日本遺産の伊達文化はもとより、訪れる人を楽しませてくれる歴史・風土。
ゆたかな宮城の風を感じながら、歴史を楽しむ旅に出ませんか。

奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊 伊達政宗

奥州筆頭伊達政宗、杜の都の観光地へ推して参る!

【写真】仙台城跡

仙台城跡せんだいじょうあと/仙台市日本遺産

伊達政宗公が1610(慶長15)年に築城。石垣と復元された大手門脇櫓等がその歴史を伝えます。伊達政宗騎馬像が建つ天守台から仙台市内を一望できます。

  • 022-214-8259(仙台市観光課)
  • 仙台市青葉区川内1
  • [ 4月1日~11月3日 ] 9:00~17:00
    [ 11月4日~3月31日 ] 9:00~16:00(青葉城資料展示館)
  • なし

日本遺産に認定された「政宗が育んだ“伊達”な文化」

瑞鳳殿ずいほうでん/仙台市日本遺産

仙台藩祖、伊達政宗公が眠る霊屋。資料館には歴史文化の関係資料等が展示されています。

  • 022-262-6250
  • 仙台市青葉区霊屋下23-2
  • [ 2月1日~11月30日 ] 9:00~16:30
    [ 12月1日~1月31日 ] 9:00~16:00
  • 12月31日(資料館1月1日)
【写真】瑞鳳殿

※「日本遺産(Japan Heritage)」は地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定するものです。ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としています。(出典:文部科学省ホームページ http://www.mext.go.jp/

【写真】大崎八幡宮

大崎八幡宮おおさきはちまんぐう/仙台市
日本遺産

仙台六十二万石の総鎮守。華麗なる桃山建築の特色が発揮され、社殿は国宝に指定されています。

  • 022-234-3606
  • 仙台市青葉区八幡4丁目6-1
  • なし
【写真】瑞巌寺

瑞巌寺ずいがんじ/松島町
日本遺産

伊達政宗公が5年の歳月をかけて完成させたお寺。桃山様式の粋をつくした襖や床の間の豪華な絵画などは目を見張る美しさです。

  • 022-354-2023
  • 宮城郡松島町松島字町内91
  • [ 4月~9月 ] 8:00~17:00
    [ 10月・3月 ] 8:00~16:30
    [ 11月・2月 ] 8:00~16:00
    [ 12月~1月 ] 8:00~15:30
  • なし
【写真】志波彦神社・鹽竈神社

志波彦神社・鹽竈神社しわひこじんじゃ・しおがまじんじゃ/塩竈市
日本遺産

伊達政宗公以降、歴代の藩主は全て大神主として奉仕してきました。現在の社殿は四代綱村公から五代吉村公にわたり9年の歳月をかけ竣工されたものです。

  • 022-367-1611
  • 塩竈市一森山1-1
  • 5:00~20:00
  • なし

【写真】多賀城碑

俳人 松尾芭蕉も親しんだ風情ある歴史の地

多賀城碑たがじょうひ/多賀城市日本遺産

多賀城南門近くにある小さな堂の中に立っています。「壺碑(つぼのいしぶみ)」とも呼ばれ、芭蕉は奥の細道の中で「千歳の記念(かたみ)」と書き、涙を流すほどに感動したといいます。

  • 022-364-5901(史都多賀城観光案内所)
  • 多賀城市市川字田屋場

尿前しとまえ関跡せきあと/大崎市

芭蕉は「奥の細道」の中で、この尿前の関で通行手形が無いことにより厳しい取り調べを受けたと書いています。「蚤虱 馬の尿する 枕もと」の句も有名。芭蕉像や句碑などが建っています。

  • 0229-83-3441(鳴子観光・旅館案内センター)
  • 大崎市鳴子温泉尿前
【写真】尿前の関跡

遊歩道から見上げる船は大迫力

【写真】宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)

宮城県慶長使節船みやぎけんけいちょうしせつせんミュージアム(サン・ファン館)/石巻市

約400年前に支倉常長ら慶長遣欧使節一行を乗せヨーロッパに渡った「サン・ファン・バウティスタ号」の復元船を展示しています。

  • 0225-24-2210
  • 石巻市渡波字大森30番地2
  • 9:30~16:30(入館は閉館30分前まで。※8月中は17:30まで)
  • 火曜日(祝日は営業)、年末年始

齋理屋敷さいりやしき/丸森町

江戸時代から昭和初期にかけて財をなした齋藤家の屋敷を公開。昔の商売道具や晴れ着などの美術品や装身具が展示されています。

  • 0224-72-6636
  • 伊具郡丸森町字町西25
  • 9:30~17:00(入館は閉館30分前まで)
    ※12月~2月は16:30、6月~8月は17:30まで
  • 月曜(祝日の場合は翌日)
【写真】齋理屋敷

ノスタルジックな街並が歴史の移ろいを感じさせる

【写真】みやぎの明治村

みやぎの明治村めいじむら/登米市

明治時代に建築された学校、県庁、警察署などの洋風の建物が保存されています。ご当地グルメの「油麩丼」「はっと」の食べ歩きも楽しめます。

  • 0220-52-5566(とよま観光物産センター)
  • 登米市登米町
  • 9:00~16:30
  • 年末年始

  • 歴史で行こう!
  • 自然で行こう!
  • 体験で行こう!
  • 食で行こう!
  • お祭りで行こう!